戸建て投資

ボロ家を賃貸に出して儲ける方法とは?相続したボロ家に稼いでもらうには

不動産初心者でも、今話題になっているのがボロ家投資です。

お金を生むボロ家を見つけ出し、不動産投資をする方が増えているのですが、相続したボロ家で稼ぎたい、賃貸に出したい人は多いのではないでしょうか。

そこで、ボロ家を賃貸に出して儲けるにはどうしたらいいのかご紹介したいと思います。

ボロ家とはどういう家?それでも賃貸に出すことはできるの?

ボロ家って、具体的にどんな家って基準がわからない人もいるかもしれません。

まず最初に、ボロ家とはどのような物件を言うのでしょうか?

これは明確な指標があるわけではないですが、たいていが築30年以上の建物をいうことが多いようです。

なぜなら、30年以上たった木造住宅はボロボロに見えますよね。

空き家として放置されているものを指したり、あるいは相続したのだけれど、ほとんど、建物としての価値はないように見えるそんな物件をボロ家といいます。

不動産として売却されているもので、激安物件などもボロ家に含みます。

ボロ家は賃貸に出すことはできるの?

ボロ家は賃貸に出すことはできるの?ということなんですが、実はボロ家でも、使い方によっては十分住めるものです。

まれに外観はボロボロな幽霊アパートでも、中身はリフォームをすることで、住むことができたり、条件次第で賃貸に出すことができます。

以前までは、都心しかダメだったり、都会の方が有利だったのですが、地方にも需要が高まっていますので、十分に可能性はあります。

もちろん、建物はどこかに傷みはあるので、リフォームはしなければなりません。

このあたりの判断が難しいのですが、ここを修繕して利益が出るという物件はボロ家賃貸スタートすることは可能なのです。

ボロ家の賃貸で大切なこととは

ボロ家で稼ぐ方法にはいくつかの手法があります。

  • 修繕をしっかりと行い、高値での売却を狙う
  • コストを抑えて修繕し、アパート経営で長期的に稼ぐ
  • コストを抑えて修繕し、賃貸戸建てで長期的に稼ぐ
  • その他シェアハウスや民泊にして稼ぐ

ボロ家にはいくつかの稼ぎ方があります。

他にもシェアハウスや民泊にして稼ぐ方法がありますが、入退去が激しいと管理も大変になります。

賃貸としてボロ家の経営を考えるなら知っておきたいことをご紹介します。

ボロ家を生まれ変わらせること

やり方は、ボロ家を安く購入し、修繕します。

そしてきれいにするというだけではなく、「価値を足した修繕」をするのです。

ボロ家を購入する側としても、やはり安い価格の家を探しているということもあって、買う側も予算が厳しいです。

ですので、住むことができないぐらいの家ではなければ、リフォームや修繕に関しては、そこまでシビアな目はもっていないことがほとんどです。

価値を足すことができれば、それなりの価格での再販も夢ではありません。

不動産業者に相談する

素人の人間なら、不動産一つでも、どれくらいの費用をかけて、何をどうリフォームすればいいのかわからないと思います。

相続した場合位は、実家のある地域とはいえ、不動産事情や家賃相場にも疎いと思います。

ボロ家の賃貸で成功するなら、地元の不動産業者に相談するのが近道だと思います。

地方には、戸建て貸家を扱う業者が案外多いので、信頼のおける中堅どころを選ぶのがいいでしょう。

\無料相談可能/

イエイで不動産査定をしてみる!

築古物件を過小評価しない

特に相続して放置しておいた家だと『こんなボロ家を借りる人、ほんまにいるのかな』と心配になってしまうかもしれません。

ボウボウの雑草や雨漏りという惨状を見るだけで気持ちが萎えてしまうのも無理はないですが、自分自身で、その物件の価値を決めてしまわないことです。

十分に築古物件でも再生することで、思っても見なかった価値が生まれる可能性があり、修復が十分可能な案件は少なくありません。

当管理人の相続した土地ももともと“ゴミ屋敷”状態だったのですが、きれいにすれば何の問題もないし、雑草や汚いのも、やはり家屋の一部だけ。

修理すれば驚くほど美しくなったりして、価値をつけ足すことができるので、自分で諦めてしまわないでください。

まとめ

ボロ家物件の賃貸は可能?ということですが、今検討している方もいるかも知れません。

ですが、実際にボロ家を修繕し実際に、利回りを着けている方もいるわけです。

賃貸を検討している方は、利回りが期待できるのかということや、その家の良さや、地域性に合わせ、他の戸建て賃貸との差別化などを考えるために、まずは不動産業者に相談をしてみてくださいね。